本文へスキップ

神戸での運転代行は安心、丁寧のTM運転代行にお任せください

運転代行についてnformation

運転代行とはinformation

飲酒などの理由で自動車の運転ができなくなった人の代わりに運転して、自動車を目的地(主に依頼人の自宅)に送り届ける

サービスで「代行運転」とも呼ばれています。

従来は法規制が全くなく、参入しやすかった為、このサービスを行なっている業者が多く、暴力団の資金源になっているケースがありました。

そこで2002年6月、飲酒運転の厳罰化が盛り込まれた道路交通法改正により「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」が施行され、都道府県公安委員会の認可がなければ営業することができなりました。

2004年6月1日からは、顧客の自動車を運転するには、タクシーと同じ第二種運転免許の取得が義務化されました。

危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の法律の新設により飲酒運転に対する罰則がより厳しくなったことから、利用客の増加に伴い都市部において代行運転業者の増加が顕著になっています。

shop information運転代行の業務

業務は2人1組で随伴車1台を用いて行なわれる。

まず、飲酒などの理由で自動車が運転できなくなった顧客から電話等で依頼を受け、待ち合わせ場所(居酒屋・飲食店・駐車場など)に2人にて随伴車で向かう。

2人のうちの1人は顧客(依頼人)の自動車を運転し
搭乗者も顧客の車に乗せて、目的地まで移動する。

もう1人は、随伴車で目的地まで随行し目的地に着いたら、顧客から料金を受け取る。

料金は距離に応じて課金され、タクシー料金よりも総額では割高となるケースが多かったが近年、競争激化により料金は各社割安傾向にあり、会社によってはタクシー利用よりも安くなる場合もある。